<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。



<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:19-2-01

朝一番多く食べて、
夜にかけて食事量を減らしていく、
「朝大、夜小」の食事の摂り方が
ダイエットの大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
ダイエット効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなの食事パターンが、
朝は忙しいのでちょっとだけ食べて、
お昼はそこそこ食べる、
そして夜に沢山食べるパターンです。

このような食事の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
朝はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

朝しっかりと食べることは
24時間のエネルギーを蓄える為にも重要な、
食事の時間帯であり、
ダイエットに限らず健康面でも重要なことですね。

朝食べずに
お昼と夜のみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっている食事方法です。

逆に夜はエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多い食事はとても太りやすい!
だからこそ夜は食事量を抑える必要があるのです。

…ということで、
ダイエットでの正しい食事の摂り方は、
朝から夜にかけて摂取カロリーを減らす、
「朝大、夜小」の食事の摂り方になるわけです。

朝しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
夜は脂肪の蓄積を抑えるために食事量を減らす。
これが太りにくい食事方法であり、
健康面でもとても好ましい食事の摂り方なのです。

朝がどうしてもたくさん食べれないという人は、
お昼を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。