<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:19-2-16

子育ての疲れ、兄への不満、そして姑との関係などなど
お母さんは色々な要因でストレスがたまりがち…

ストレスがたまると、
食べ過ぎてしまう人と、食べられなくなってしまう人の
2つのパターンに分かれるようですが…

みなさまは、イライラしたときに、
食べてしまう、食べられなくなってしまう
どっちのパターンですか?

食べてしまう人でも、
腹一杯になったら止められる、
その日一日だけで終わるのであれば、
ストレス発散になるので、それほど問題にはなりません。

しかし、どんどん食べてしまう。
さらに、満腹感もあまり無いという状態ならば、要注意です。

暇があれば、ショートケーキや甘いものを食べてしまう。
お買い物に行けば、
大量にお菓子などを買ってしまい、
それも一日で完食…

常に、食べることを考えてしまい、
食べられない時間があったりすると、イライラ。
食べた後に、また食べちゃったと後悔し、またストレスがたまる。
そして、また食べすぎに…
これでは、ダイエットどころではありません

こんな現象が続いてしまうと生活習慣病になったり、
場合によっては、過食症になってしまう可能性もあります。
ストレスって怖いんですよね!

でも、
ストレスと言うのは、何かきっかけをつかめれば
軽減することも出来るんです。

俺は遊園地に行くことが、ストレスの解消になっています。

もし、ストレスがたまると食べ過ぎてしまうのであれば、
食以外にストレスを発散できるものを探してください。
母に、話を聞いてもらうだけでもだいぶ違いますよ。

身体の危険信号を見逃さず、きちんと対処して
ダイエットを成功させましょう。

とっぴんぱらりのぷう