<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い



<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高いブログ:16-4-06


食べ始めると、余計に食欲が刺激されて、
もっと食べたくなってしまうと言う事がありますよね。

特にお菓子なんか、
1粒食べ始めると止まらなくなって、
ついには1袋全部食べてしまったりして…

これって、減量していると
「あー、食べてしまった!」
と思ってしまい、
「こんなにこらえ性のないあたしには、
減量なんかできないんだ!」
と思いこんで、
減量に挫折する要因になったりもしているわけですが、
実は誰にでもあることですよね?

みなさまはどうですか?

でも、
これは人間の「生きる」本能に直結した行動なんです。

太古の人間は、獲物がいつ獲れるか分かりません。

せっかく獲れた獲物は余すところなく食べて、
身体に貯蔵しておかないと、
次にいつこういう食事にありつけるか分からないので、
それまでは身体に蓄えた栄養で生き延びるように、
身体が作られているのです。

だから、
「ちょっとだけ食べてやめる」
と言うのは、
「全く食べない」よりも難しいのです。

「一口だけ」と言うのは余計につらい思いをすることになるので、
そこはグッとこらえる方がラクです。

…ただし行きすぎはいけません。
極端な絶食は健康を損ね、リバウンドしやすい身体を作るだけなので、
「ほどほど」にしましょう。

身体は食事量の目安として、
午前に1回(11時食の前)、
午後に2回(おやつと夕方食の前)に
軽く空腹感を感じるくらいで調節しています。

それくらいが健康も損ねず、
リバウンドもしないポイントでちょうどよさそうです。

それにご飯の前に、ウエストをすかせておけば、
ご飯が美味しく食べられますもんね!
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い

★メニュー

<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトよりも絶対にレーシック