<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:19-2-27

ダイエットを行う場合、
多くの人は「炭水化物」を減らそうとしますが
これって間違ったカロリーの減らし方なんですよね。

確かに炭水化物も減らさなければならないのですが、
極端に炭水化物を減らすのは
失敗するダイエットの食べる事方法なんです。

3大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)の中で
ぼくたち人間に最も重要なのが炭水化物。

炭水化物はからだのエネルギー源となる栄養素!
炭水化物を制限しすぎるとエネルギー不足となり、
からだはタンパク質をエネルギーとして使います。

タンパク質は
筋肉をつくったり維持するために必要な栄養素です。
タンパク質が減ってしまうと
筋肉量が減ってしまい基礎代謝が低下してしまうので
からだに溜まった脂肪が落ちなくなってしまうわけです。

炭水化物を減らして体重が落ちたとしても…
それは
筋肉量が減って体重が減っているだけで
からだに溜まった脂肪はほとんど燃焼されていません。

これではダイエットとは言えませんよね。
でも残念なことに、ほとんどの人が
このように間違ったダイエットをしているのです。

炭水化物は減らしすぎても、全く減らさないのもダメ!
重要なのは、「適度に減らす」という事です。

炭水化物の上手な摂り方は、
ライスの量を減らすのが一番簡単で効果的なやり方です。

いつも食べているライスの量を
半分減らすだけで十分なのです。

たったそれだけ?と思ったかもしれませんが、
これが最も効率よく、効果的な炭水化物の減らし方です。

ダイエットを成功させるための食べる事では、
炭水化物が大きなカギを握っています。

炭水化物は正しい知識をもって増減しなければ、
ダイエットの成功はありえないのです。

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトよりも絶対にレーシック