<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活



<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活ブログ:14-3-23


減量には、
インナーマッスルを鍛えるのが効果的と言われますが…

インナーマッスルの「インナー」とは、
「内部の」「奥の」という意味があります。

人間の筋肉はからだの中心に近い部分・骨に近い部分から、
何層にも重なってからだを覆っています。

この中で、
比較的深い部分にある筋肉がインナーマッスルと呼ばれ、
どこか一つの筋肉を指している言葉ではなく、
からだの奥のほうにある筋肉の総称です。

インナーマッスルを鍛えることで
関節痛などのからだの痛みを解消する働きや、
バランスのとれた姿勢のよい美しいからだのラインを
作ることができます。

インナーマッスルは、
主に姿勢を細かく調節したり、
関節の位置を正常に保ったりするという働きをしています。

からだの各箇所には関節が存在していますが、
その間をしっかりつなぎとめて固定します。

インナーマッスルは
別名「姿勢保持筋」と呼ばれるほど
「姿勢」と関係が深い筋肉です。
あるべき正しい位置に関節を固定し、
本来の姿勢を維持します。

「急に激しい運動をして筋肉痛になった」
「日常的に運動をせず、四十肩だ」
そういう場面でも、インナーマッスルが発達していると
その痛みを和らげてくれる効果があります。

インナーマッスルを鍛える運動には、
「ピラティス」や「ヨガ」などがあります。

「ピラティス」は、
アウターマッスルを鍛えるのではなく、
からだの内側、深層部にある、
細く、長く、小さい筋肉に焦点を当てた運動法です。

インナーマッスルを鍛えると
からだにいいことがたくさんあります。

自分にあった方法で
インナーマッスルを鍛えて
健康的な減量を成功させましょう。

・・・と、書いてみるテスト
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

★メニュー

<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトよりも絶対にレーシック