<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。



<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:17-10-08

ミーの結婚生活も、
まもなく1年が経とうとしています。

いやぁ〜思い出しますね。
奥さんの親に挨拶行ったときのことを…

ミーのイメージでは…

あちらの母が和室に通してくれて、
少しすると、小ぎれいにしたパパが
登場するって感じだったんですよね。

お茶を出されて、
そのパパとぎこちない話が数分行われた後に、
沈黙になってしまって、
耐え切れなくなって切り出す…

「むすめさんを、ぼくに下さい!!」

…またもや沈黙の後。
コクリとうなづくパパ…

みたいなことを考えていました。

そして、
ミーにとっての「その時」は、
昨年の正月でした。

ミーが奥さんの実家に訪れると、
親戚がたくさん来られていました。
正月の賑わっているときですもんね。

今までバタバタと走り回っていた、
甥っ子や姪っ子たちも、
「そっちの部屋にいっちゃダメよ!」って感じで、
別の部屋に連れていかれ…

奥さんのパパとミーの二人にされてしまいました。

そこでは、本当に他愛もない話しかできないし、
上の空だから、今でも何を話したか覚えていません。

案の定、二人とも話すこともなくなって、
沈黙に…

そして、ついに「その時」が来ました。
座っていた座布団から、飛び降り…

「お義父さん、むすめさんと一緒にさせて下さい!一生大事にします!!」
と言って、頭を下げました。

奥さんのパパさんは、
コクリとうなづくわけではなかったですが、
「なにもできないむすめだけど、こちらこそよろしく頼むわな。」
と、優しく微笑んでくれました。

このとき、
なんとも言えない安堵を感じたことは、
今でも鮮明に覚えています。